読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WebブラウザでIpythonを使おう!(Rstudioのpython版)

Python R amazon_ec2

なんとIpythonにwebインターフェースが存在するんだそうな。

そんなにメリットがあるとも思えないが、とりあえず使ってみたい!
そんな思いからまたサーバーでIpythonを稼働させてみることにした。
使うサーバーは恒例のAmazon EC2

まずはここを参考にしつつ、依存関係のあるライブラリを入れていく。

でも、ここでちょっと詰まったのが、pyzmqライブラリのインストール。
何をしてるライブラリなのか?いまいちわかってないが、message Queing Systemとか書いてあったから、きっとWebインターフェースの提供に必要なんだろう。

こいつを説明どおりpipでインストールしようとすると、

# pip install pyzmq

こうなる。

f:id:kensuke-mi:20140521072615p:plain

どうも、zmqのインストールがそもそもうまくいっていないらしい。

そこで、こんなサイトで似た事例を探してきた。

このサイトによると、Ubuntu 12.04では下のコマンドにすればいいらしい。

# apt-get install -y libzmq1

# apt-get install -y python-pyzmq

# easy_install ipython[zmq,qtconsole,notebook,test]

ipythonのインストールにリスト表記みたいなのも有効なんだね。知らなかった。

これで、ipythonのwebインターフェースの使用準備ができた。

次に、webインターフェースの設定を行う。
ここにその説明が書いてあった。

ここの説明どおりに9999ポート経由でipythonインターネットを稼働させる。

最後にEC2の管理画面で9999番に穴を開けておく。

こんな感じになるはず。

f:id:kensuke-mi:20140521073152p:plain

で、最終的にiPythonインターフェースが使えるようになった画面がこちら。

f:id:kensuke-mi:20140521073257p:plain

あれ、もうRを使わなくてもいいんじゃね?

ところで、Amazon AWSの利用料金を確認したら、$5近くのお金が発生しますけどー!!

f:id:kensuke-mi:20140521073625p:plain

どういうことなの・・・・??

これから原因を探らないと。